Thursday, December 25, 2008

Meriiii Chrissmasu!

Sunday, December 21, 2008

Web Site Open!


ようやく自身初のウェブサイトが完成しました。

今回デザインをお願いしたのは、NYのウェブデザイナー、ダイスケ君。
ウェブの基礎を知らない自分にもきっちり説明してくれる、スーパーフリーランスです。

「これを見れば一目で自分がやってきた事、やっている事、これからやりたい事がわかる」のを目標に色々二人で相談して試行錯誤した結果、こうなりました。

映像に関するもの全般、そしてゴールは長編映画です。これがゴールに近づくきっかけになればと思います。

まだまだ稚拙な作品も多いですがぜひご一覧して、ご感想聞かせてください!

英語と日本語両バージョンあります。


www.kenjihayasaki.com


Yay, my website is finally launched! Only having a myspace page to show my visual works and myself hasn't been very successful in promotion, yet I was too lazy & poor to build one.

I really hope this will be a good start for the upcoming year 2009, and a good help for making my first FEATURE FILM which I've just finished the screenplay of.

The web was designed by my buddy Daisuke, a really talented guy, who knows how to communicate with crazy minds!

Check it out and give me some feedbacks!

Thursday, December 18, 2008

Wendy and Lucy

今日は先日観たインディー映画「Wendy and Lucy」の話。

学生時代に(ああ、もう遥か彼方に感じる・・・)よくしてもらった恩師Kelly Reichardtの最新作がNYのFilm Forum(いわゆるアート系映画館)で上映しているので見逃さないうちに拝見。この前の作品「Old Joy」でロッテルダム映画祭のグランプリを受賞している、NYを代表する女性映画監督。

人柄は穏やかなんだけど好き嫌いが激しく、自分は光栄にも「好き」代表生徒になり(ほんとうに!)、当時制作した作品は卒業後も授業で後輩にみせてくれているらしい。
先生から気に入られたのなんて初めてだったなあ・・・。しかも結構むちゃくちゃやって。

話がのっけからかなり逸れましたが、映画の内容はというと、「一人の少女がアラスカを目指す」話でどうしても「イントゥ・ザ・ワイルド」(この映画もめちゃ好き!)を想像してしまったんだけど、全く似た部分はなく、穏やかに流れる詩的な映画だった。

一応ロードムービーだし、当然途中でトラブルは起きるんだけど、映画的なびっくりするようなものではなく、非常に現実的でぼや〜っとした感じ。

ストーリーというより、キャラクターの細部に重点を置き(それは出だしの奇妙なロングショットから表れている)、人物の表情や仕草など、女性監督ならではの繊細な描写が逆に新鮮だった。

なんとなく雰囲気的にはジャームッシュ映画に似た部分もあるのかな。観客としての感情も結構曖昧で、怒ったり笑ったり悲しんだりという起伏がそれほどないんだけど、なんかチクリと刺して後を引く感じ。

で、 主演の女優はアカデミー賞候補にもなった若手実力派のミシェル・ウィリアムス。金髪のきれいなイメージしかなかったけど、これで新境地って感じなのでしょうか。本当に普通のどこでもいそうな女の子感、それでいて微妙な表情や動きが計算されて(いるのか?)演じられていた。

賞取ったら日本でも公開してくれるのかなあ。DVD位は出てほしい一品です。




Saw an independent film called "Wendy and Lucy" which was directed by Kelly Reichardt, who I admire both as a director and a person (she was my favorite teacher at NYU!) at Film Forum which is my another favorite theatre in NYC.

The film starts with a long, kind of strange tracking shot, and got my attention there.
Hearing the story of this young girl heading for Alaska, I thought of "Into the Wild" (another favorite movie of mine), however, not similar at all.

Throughout the trip, nothing astonishing really happens (though several accidents of course), just like in the real world. It captured more details of small things in life, from subtle facial expressions to ordinary moment which is kind of pretty, as well as deep sorrow and anger.

The director also pulled out a real performance of Michelle Williams, who I only know as a gorgeous blonde girl from previous movies (not many).

This movie doesn't shock you right away, but it leaves you an inexplicable feeling afterwards.

Still in theater so check it out!


Sunday, December 14, 2008

Philip Sterk & Alana Amram @ Spike Hill

12月は仕事を打ち切って脚本最終稿の編集、映像編集、ウェブ立ち上げなど、自分のプロジェクトに打ち込んでいるんだけど、全て自宅作業で外に出ておらず、現実との接点を!と重い腰を上げて友人であり、世界でも数少ないペダル・スティールアーチストであるフィリップ・スタークのライブを観に行った。元々Phonograph という友人のバンドのメンバーで、Bushwickに引っ越してきた時にたまたまお隣に住んでいて仲良くなった、不思議なご縁のミュージシャン。

自 分がイベントマネージングをしているトライベッカのTokyo Barでソロライブをしてもらったりもしたので、できるだけ彼が演奏する時は行こうと思っているんだけど、今日の共演はアラナ・アムラムという女性フォー クシンガー。彼女は、60年代のビートニク世代のアイコン、デビッド・アムラムの娘で、自分がアメリカにくる大きな影響にもなった小説「路上」の作者、ケ ルアックとのつながりもあるわけで、なんかちょっと興奮。

本当にリアルなアーチストをしっかりサポートするシステムがNYからどんどん消えていくのは残念だな、と前住んでいたウィリアムズバーグにここ数年でボコボコたっている高級コンドミニアムをみながら思ったけど、本物は場所を変えてでもずっと残るよ、きっと。
ちなみにたまにノラ・ジョーンズが飛び入りで参加するらしいです。



Went to the live gig at Spike Hill in Williamsburg, of my friend who is a talented pedal steel guitarist who happens to live in the same apartment building as me in Bushwick
(yes, it happens to be that way, I kind of knew him from another Brooklyn based band called "Phonograph" before I moved in).

His name is Philip Sterk. A big guy who makes his pedal steel look like a baby.
I've been stuck in my apartment as the job is gettig slow and working on my own screenplay, editing some videos, and building my website which is to be launching soon, and needed some air outside (though it's freezing cold), and touch the reality. But the sound of the pedal steel is so far from the reality and took me away to a heavenly sphere. VERY WESTERN, or southern, maybe.

Also in collaboration was another talented folk singer, Alana Amram, who is a daughter of a beat music icon David Amram. Yes, one of my first inspiration to choose to be in the U.S. was Kerouac's "On the Road"- what a coincidence in a tiny world!

Anyway, Thanks Phil, keep it real! Only the real people can survive in what they love to do, as far as the world I'm concerned.

ブログオープン!/My First Post!

2009年を間近に今さらながらブログを開始です!
実は学生の時にちょこっと書いてたんですが、あまりに個人的な独り言が多くなりすぎて
あまり長続きしませんでした。
まあ、その後始めた某SNSサイトの日記とかではそんなことも未だに書いてますが。

という事で、これが初めて、自分の身近な人以外の人も意識した世界に発信するブログです!
この「世界に」ってとこがインターネットのすごいとこやね、うん。(今さら)
暴走したら誰か止めてください(笑)。
告知、NYの生活、映像/映画に関する事、その他マジメな事からくだらない事まで
色々適当に更新していくつもりなので時間のある時にでもなんとなく読んでくださいな。

ちなみに、出来るだけ日本語/英語の両方で更新するつもりですが、たまに全然違う事を言ったりするかもしれないけど、まあそんな感じのブログなんだな〜と軽く流しといてください。



I just decided to start this blog thingy- which some people suggested me.
Ah, I never really read blogs of somebody's unless they're pretty close to me as I don't really care how some random old man in Wisconsin thought of his breakfast tea or some sort.
But I think it's pretty cool that I can let my friends in the world know what I'm up to, after that I'm still alive in New York!

Of course, there'll be some announcement, news, and some serious stuff too, so check back often! I'm not gonna write often though!

And I have to be honest, I'm not a native English writer and prefer to be writing in Japanese, so sometimes the posting will only be Japanese, or sometimes both. No offense. I'm lazy sometimes. And also that what I write in Japanese and in English doesn't really translate to each other, just to keep myself mysterious.