Thursday, January 29, 2009

Tokyo Sonata


無事にNYに戻ってきました!

さて、今回の日本滞在で映画を2本観たのですが、そのうちの1本は知り合いが製作に携わった日本映画「トウキョウソナタ」。黒沢清監督は僕の好きな監督の一人で、NY大学在学中のクラスに1度、特別講師として来てくれたこともある、人間としても監督としても非常に尊敬できる方でした。

世界でも名だたる映画祭に次々に出品する、国際的にも認められている数少ない日本人監督らしく(今回もカンヌで受賞!)、現代日本を非常に鋭く描きつつも、国境を越えた普遍的な感覚と独特の視点には脱帽。色々と話を脱線させつつも、中に座った魂の太さから話もぶれず飽きさせない脚本。ユニークなカメラのアングルや構図、全キャストの持ち味を活かした演出からドビュッシーの音楽まで、全てにおいて正に自分の「ツボ」でした。

話のテーマはリストラ、家庭崩壊等、現代日本社会の大きな課題を扱いつつも、どこまでリアルでどこまでフィクションかわからない黒沢映画ならでは世界で、時には鋭くえぐるように日本人の痛い部分をつつきつつも、独自のユーモアセンスで落としすぎない、非常にバランスのとれた佳作だったと思います。そして明かしませんが、最後の長回しシーン。こんなシンプルな画でなんでこんなにも泣かせるんだろう・・・。それは巧みに張った各キャラクター描写やストーリーの伏線のなせる業でしょう。

この映画の原案は、マックス・マニックスという日本に住んでいた経験のあるマックス・マニックスというオーストラリア人脚本家という事ですが、ボーダーレスの時代にこれからそういう「外から見た視点」という映画がどんどん増えてきていると思います。こういう真摯な作品がどんどん正当な評価とリターンを得ていくように、映画を愛するものとしては心から願う訳であります。

The film I watched in Tokyo is called Cannes-winning "Tokyo Sonata", directed by the Japanese master Kiyoshi Kurosawa. A friend of mine was involved in this, and I have had a chance to talk with the director back in time (a class in NYU!), so I had to watch it.

The result, one of the best film I have seen in past year! The story deals contemporary issues in Tokyo, such as massive layoffs (called "risutora" after "restructuring" though doesn't necesssarily mean it), and the collapse of family. Each characters and situations in this film are so believable, though exaggerated. I wonder how non-Japanese would perceive this film, yet it holds a universal pain and hope.

The casting, cinematography, music, every aspects of this film was amazing I thought, and I highly recommend those who are interested in Japanese culture to watch it- it's better than any text books (though again, this is a fictional story and things wouldn't go this crazy in the real life)

Also, one note is that the story was first written by Max Mannix, an Austrarian writer who'd resided in Tokyo. Therefore, the point of view is very unique and universal in a sense.

No comments: