Sunday, March 8, 2009

Movie, Movie...


昨日、東京を舞台に3名の異才監督が制作した作品のオムニバス映画「Tokyo!」をLandmark Sunshine Theatreで観てきました。この日に行かなければならなかったのは、監督の一人レオス・カラックスが来場&質疑応答という贅沢なセッションがあったからです。ポンヌフの恋人とポーラXという2作を観ただけで、特別好きな監督という訳でも無いんですが、ぶっとんだビジュアルインパクトがあって鮮烈に焼き付く映画達だったので、機会があるなら行かないと!と。今日はもう一人の監督、ミシェルゴンドリーが来ていたし、彼の映像/映画は大好きなんだけど、あえて・・・。

3作品の中でやっぱり一番インパクトがあった!「この人の頭の中、どうなってんだろう」と思いつつも、すごく共感できるストーリー内容で、出てくるのにワクワク。
ものすごいオーラを醸し出して、だるっそうにインタビューに答えていました(笑)。
質問に関する答えも歯に衣着せぬ、好感のもてる態度でした。

Q「10年ぶりの監督作品ですが?」
A「正しい人たちに会うにも、資金を集めるにも時間がかかった」
Q「なぜ日本でこういうストーリーを?」
A「キャラクターはもともとあって、日本は排他的な国だから、このストーリー展開がリアルだと思った」
Q「東京で一番楽しかった思い出は?」
A「それはプライベートな事だからいいにくいな・・・深夜の3時に誰もいない渋谷から恵比寿の道を歩いた時、言える範囲ではそれくらいかな」

とか、ユーモアを交えながら、賛否両論はあるとしても的を得た回答で興味深かったのですが、「この映画のテーマはなんですか?」の質問に、ちょっと表情を変えて「テーマなんてない」と。

とか言いつつも、最後のシーンの最後のセリフ、必見です。

最後にトイレで鉢合わせしたんだけど、何も声かけられなかった。普段は簡単にそんな事しちゃえるんだけど。

社会から外れようが、嫌われ者になろうが、お金が無かろうが、自分に見えてる世界、信じている世界を貫くという事をやりきって、それでもしっかりキャリアを持って映画で飯を食っている「本物」に憧れと嫉妬心を感じてしまったからかもなあ。

まだまだまだまだ頑張らないとなあ。

No comments: