Wednesday, September 23, 2009

Independent Filmmaker Conference



ご無沙汰です!仕事の忙しい合間に、毎年恒例のIndependent Filmmaker Conferenceという、インディー映画製作関係者たちの集いに行って参りました。ニューヨークインディーの重鎮プロデューサーTed Hopeを初め、NYU在学中にお世話になったSam Pollard(スパイク・リー映画の編集/共同プロデューサー)など、一線で活躍する面々がパネルになり、会談。それを自分の長編製作に動いている老若男女のクリエイター達がお勉強しQ&Aをしつつ実現化に向けコネクションをつくるという、非常に素晴らしい場なのです。

プロデューサーと二人で参加したのですが、まあまあなんとライバルの多い事か。それに加えて、現在の状況で出資者をつくったり、配給先を見つけるのの大変さなど、現実的な事を多く学び、非常に刺激になりました。映画監督同士って不思議なもんで、時には火花を散らすライバルでありつつ(どこから資金を引っ張ってくるかとか、誰を知ってるとか)、やっぱり同胞って感じで打ち解けやすいんだよね。そして、それぞれの本気エネルギーが気持ちいい。どうしても映像にして伝えたい物語があるという、共通したシンプルな情熱。

とにかく仕事に忙殺されないように気をつけながらも、やっと時間をとって自分の作品に向き合えるいい機会でした。そして壮大な夢を持つ事が許され、尊重されるニューヨークってやっぱり素晴らしいのかも。ちゃんと仕事もしてるぜ〜!たまに書こうと思うんだけど、自分の関わっているTVとかCMのプロジェクトって機密事項が多くてどこまで書いていいのかわからず、結局めんどくさくてやめちゃうんだよね。

明日は日帰りで片道4時間半のケープ・コッドに行ってきま〜す!



寝ぼけ顔です。朝早いんだもん。


プロデューサー達。Ted Hopeもいます。携帯にて撮影。だれかオレのカメラ間違って持ってる人いない???

No comments: