Wednesday, October 28, 2009

On The Air

撮影のコーディネーターとして関わらせていただいた番組が明日オンエアです。
この番組は何回も担当させてもらっていますが、今回のもまた非常に興味深く、よいお話なのでぜひ観てください!

2009年10月29日(木)19:57〜
奇跡体験!アンビリーバボー(フジテレビ)
「戦慄時間を巻き戻す男」


The program I was in charge of filming in the U.S. will be on the air tomorrow night- please check it out if you're in Japan! It's very interesting/touching story.

2009.10.29 (Thursday) 7:57PM~
Anbiri-babo (Fuji TV)
"Life in Rewind"

Friday, October 23, 2009

Again back on the track, OFF THE ROUTE.


TVプロジェクトが一旦落ち着き、自分のバイリンガル長編映画「Off the Route」に早速舞い戻り。
無休・無給の勝負がしばらく続きます。かなり資金面でもビハインドになってしまい、2月に撮れんのか??と不安な気持ちをかき消すように、毎日資料作りにコンピューターとにらめっこ。寝る時間になっても頭が冴えてねむれませ〜ん。(現在朝4時半)

現在映画の内容はあまり一般公開はできないのですが、小出しにアップしていくので楽しみにしてくださいな。

製作協力/出資/スポンサーなどに少しでもご興味のある方、企画書お送りするのでinfo@kenjihayasaki.comまでお気軽にご連絡ください。

自分のコンピューターの資料だらけのデスクトップ特別公開!



Wrapped up paid TV gigs, and back to my own feature film project "Off the Route".
Ahhh, a little behind the schedule, catching up.

Haven't slept well past few days, not only for working, but also for such an stoked mind! It's 4:30 AM and I'm blogging.

Well, can't disclose all the detail about this project to everyone, but will keep you updated little by little!

Any interested individual/corporation for helping this project, such as co-producing, investing, sponsoring, product placement etc, please email me at info@kenjihayasaki.com
I will send you more details about this project.


Wednesday, October 21, 2009

CMJ!

Well, some gigs have already passed, but here's my friends' CMJ line up- go go BNS Sessions!
I'm definitely going on this Saturday show, since my job in Pittsburg got canceled.


19 Oct - Soft Black CMJ: KEXP Showcase at The Cutting Room, NY, NY 7pm

20 Oct - Quiet Loudly at CMJ: Vanishing Point Presents! at Fontana's, New York, NY 7pm

22 Oct - Gunfight! CMJ Showcase at The Charleston, Brooklyn, NY 8pm
Roadside Graves CMJ: Aquarian Drunkard Day Party at Fontana's, NY, NY - Noon

24 Oct - Gunfight!/Nature Boy/Soft Black CMJ: DeliMagazine Party at The Delancey, NY, NY 2pm
Werewolves and Masterface CMJ Showcase at Shea Stadium Brooklyn, NY 4pm

Monday, October 19, 2009

Back to NY!




 帰ってきました、ボストンおよびケープコッドから!もう先々週の話しなんだけど(笑)。
今回は日本TV番組のコーディネーターの仕事です。「いつもいつもコーディネーターって何??」という人のために簡単にご説明。

一般的にプロダクション・コーディネーターというのは撮影が円滑に進むように下準備(キャストやロケーションのブッキング、スケジュール作成)やロケーションでの様々な交渉などをするのが主なんですが、日本のクライアントが相手だとここに「通訳」の要素が入ってきます。日本からディレクターが来れる時はディレクターの意図を汲み取って彼の求めている「画」を取るために、リサーチや交渉に奔走するのです。

そして日本からディレクターが来られない場合(不景気の昨今、このケースが多い気がする)、電話やメールのやりとりなどでディレクターと確認/調整をしあい、撮影の時はカメラマンを率いて撮影をすすめる、いわば代理ディレクターのような事をするわけです。
当然ながら日本とアメリカでは撮影方法も人々の性格も文化も全部違うので、電話とメールだけでそれを摺り合わせていくのは結構大変なのです。

「こういう映像がほしい」という日本ではスムースにいくである内容がこっちでは完全にNGだったりもするのですが、それをできるだけ達成させるのが仕事。アメリカ人の友達に言わせると「フィクサー」だと。なんか怪しい響きっすね。

「ディレクター」と決定的に違うのはクリエイティブ・コントロールが無い事。つまりあくまでディレクターのビジョンの一部として動かなければならないので、経験と勘が大事。
この仕事を始めた時は「すべての板挟み」感ですごくストレスだったけど、慣れてしまえばやりがいがあるな、と認識しています。

               泊まったホテルからの眺め

優雅でしょ〜(笑)。地元の格安ホテルです。撮影はとても優雅なもんではなく、色々大変な事もありましたが(被写体の一人がドタキャンしそうになって家まで直談判しにいって成立させたり・・・)、結果的にディレクターも、被写体も喜んでくれたので。あとは視聴者ですね。今回救われたのは主役の娘2人(奇しくも自分の姪っ子と同じ4歳と7歳)。緊張感のある撮影の中で無垢な存在は時には物事をスムースに進めてくれるのです(台無しにする時もあるけど、笑)。

顔は出せないので、描いてくれた虹の絵をど〜ぞ!どっちがどっちのだ??











Sunday, October 4, 2009

AKB48 @ Webster Hall, New York


古巣のお世話になった大先輩に招集され、撮影手伝ってきました!
800人入りのハコもほぼ満員。すごいね〜。

それから1週間、ウソのようにニューヨークは寒くなってきました。
うらやましいぜ、猫!(ルームメイトのだけど、俺の部屋に居る事の方がなぜか多い)

今週はボストン/ケープコッドに出張です。3日間。ニューヨークより寒そう。