Monday, June 28, 2010

Just another weekend in New York, just with some spontaneous encounters

仕事が一段落ついた週末。最近あそんでね〜な〜と思って電話した親友のダニエルとウィリアムズバーグに集合。どんどん売れっ子になってくヤツ(サウンド・エンジニア)は月29日ぶっつづけで仕事していたらしい。感心。(オレも会社勤めの時は、あったけどね!)
Another weekend in NY- started off meeting with buddy Daniel the Sound Maker. Met up at Greenpoint Tavern, where ppl were watching U.S. vs Ghana.



はからずもNorthside Festivalだったようで、おなじみのベッドフォード通りが交通封鎖。
しかもアメリカ&ガーナ戦の時間だったのでバーでなんとなく観戦。サッカーに全く興味のないダニエル君、ガーナ得点時に間違えて歓声をあげてしまう(笑)。
Just so happened to be Northside Festival, and all Bedford Avenue was closed off. Not really interested. So we hopped onto a party where there was a rooftop. 

そのあとダニエルのクライアントがパーティをしてるという事で屋上へ。雄叫びあげちゃってるのがダニエル。そのとなりがヤツの幼なじみのマイク(ミュージシャン)。もうすぐアイルランドに旅立つらしい。
"Fxxx You Hippies!" No he didn't say that. lol. Next to Daniel is his childhood buddy Mike, another amazing musician, who is about to head out to Ireland.

俯瞰からみえるベッドフォードはシュールな模型みたい。
View down on Bedford was amazing though, looked like surreal plastic model

 
屋上そのものも、グラフィティだらけ。
And rooftop itself too.

翌日の日曜日。学生時代のお庭だったワシントンスクエアでちょっと時間つぶし。
おおお、夏だ!
Then Sunday with a little hangover. Killing time at Washington Square. Yes, it's summertime!

左をみても、おおお、夏だ!
Then looked to the left, yes, it's summertime!!

ちょっと歩いて、しばらく会っていないカリフォルニア大学からの友人カロリナとの待ち合わせ場所、ウェストビレッジに。なんだこの人ごみ!と思ったら今日はゲイパレードの日だったという・・・笑。
Meeting up with my old friend Carolina, who I knew from Cal State period. We picked West Village for our meeting spot....wrong idea, Gay Parade. Streets are blocked off, all the bars were packed. Carolina just graduated from Columbia University, and now at job-hunting to be a social worker. Genuine passion to help out struggled people is respect-worthy.



ユニオンスクエアに曼荼羅があるらしい!との情報をもとに、現地へ。左が先日コロンビア大学を卒業して現在Social Workerの就職活動中。君ならきっと見つかるよ!世の中を少しでもよくするために献身するっていうのも本当に大きな夢だよなあ。
After meal, headed off to Union Square to see this "Mandala" Stayed there quite a while...

で、曼荼羅はこのディテール。8時間半かけて全部砂で描いたらしい。
Look at this details...it's all sand painting. Took the artist for 8.5 hours!

アーチストのJoe Mangrumも現場にいて色々話しを聞いたんだけど、「曼荼羅」というわけでもなく、ネイティブアメリカンの砂絵とも違うし、サイケ・アートでも無いわけで、そういうカテゴリーでくくるのもばかばかしいんだけど、でもそういうカテゴリーに入れなきゃ一般に伝わらない事も多いわけで。Twitterで先日つぶやいていた横尾忠則さんの

「美術鑑賞には言葉は邪魔になります。言葉が美術を理解させていますが、一方で感性を剥奪させてもいます。美術は理解するものではなく洋服の前を開くようにして感受するものです。」

というのが思い出されます。日本でもぜひ展示会したいって言ってた。
The artist's name is Joe Mangrum, and his portfolio had amazing stuffs he's done. By the way, according to him, this is not called "Mandala" or Native American sand painting, nor psychedelic art, it's just come out of him, by him seeking the truth of himself, according to him.

カウボーイハットの男性がアーチスト本人ね。
The artist is the one with cowboy hat.

で、後片付けするのが奥さん。どういう思いで自分のアートが無くなって行くのをみるんだろ〜ってJoeを見てたけど、友人と話してて全然見てなかった。笑。
And his wife cleans it up. Wow, what a great couple. 

No comments: