Wednesday, June 30, 2010

World Cup 2010 Japan vs Paraguay

ワールドカップ日本vsパラグアイ戦、ここNYでも大盛り上がりでした。
これまでの試合、仕事で一切見れていなかったので、今日こそ見れるぞ!と。

マンハッタンはフラットアイアン・ビルの近くで、イベント的に日本人を集めているDewey's Flatironなるバーがあるという情報を毎試合参加の友人から聞きつけ、がんばって朝9時に起床。別にサッカー好きではないんだけど、こういう機会はね。4年に1回。真剣なサッカーファンのみなさん、ごめん。

お祭りじゃないっすか。「サムライブルー」という単語を習い、青いTシャツ探したけど無かったので、赤を選択。家を出てすぐに「赤ってもしかしたらパラグアイの色じゃね〜か?」と気づき、慌ててTシャツをサムライグレーに着替える。そして遅刻。真剣なサッカーファンのみなさん、ごめん。



中に入るとぎゅうぎゅう。こんなに日本人がいるアメリカン・バーはNYで初めて見たぜ!熱気に影響されて、そして珍しく朝からビールを飲み干すが、中々進まない試合展開と立ち見の状況にだんだんテンションが下がってくる。真剣なサッカーファンのみなさん、ごめん。


がらにもなくハイピッチで飲んでしまったため、喉が乾き外へ友人を置いて一時脱出。いつもの憩いの場所で一人休憩。(だってよく仕事をさせてもらっている会社の近く)



パラソルの下、「ついこないだここで撮影したな〜」と気持ちよくフラットアイアンを眺めていると、あれ、人が。屋上に・・・。



あれ、ここにも。誰だ!?


こんなとこにも?あぶないあぶない!


ここにも・・・って君NYの真ん中で丸裸じゃないか!?そしてさらによく見ると彫刻?
そう、これはAntony Gormleyというアーチストの期間限定パブリックアート。


さあ、そんな事はさておき、後半戦だ!バーに戻るとさっきにもまして人がごった返し。日本人サポーターの歓声に通りすがりのアメリカ人が何が起きているんだと興味津々な様子。



延長に入ってからはちゃんと全部見てましたが、ボロボロの体で歯をくいしばり、最後まで戦い抜く姿勢、一つのボールを必死に追いかける男達の姿に、「サッカー好き/嫌い」は関係無しにやっぱり感動するのでした。パラグアイの選手もすごいよね。「オレにはこれがなきゃ生きてけないんだ!」くらいの勢いで戦い方もきたないきたない。
色んなドラマを感じて熱くなった。PK戦はしょうがないよね。

それにしてもサッカーは本当に国民性が出ると思う。ドイツの試合とかブラジルの試合とかもちょっと見たけど、やっぱドイツはドイツ人っぽいしブラジルはブラジル人っぽいし、日本も日本人っぽいんだと思う。


いつもどおりごちゃまぜな訳の分からんブログになってしまいましたが(だってオレ文化系w)、なんか本当に一生懸命な姿を見れたのが本当によかった。内容や結果は別として代表選手も「サムライ」スピリットを持っていたんだと思う。だってデンマークに勝ったんだぜ??

そしてその後はダウンタウンに行ってカフェで熱い気持ちで自分の映像の編集作業を行っていたのでした。地味だなあ・・・スポーツ選手はやっぱかっこいいなあ・・・。

No comments: