Wednesday, June 22, 2011

Language and Music

Just had a shoot with Gruff Rhys from Super Furry Animals, my all-time favorite band since I was in teens. Having worked with many "celebrities", I rarely have star-struck, but this time I was like "....woooow." But  Gruff was just as how I imagined, a very warm, humble, and thoughtful man. 

I was proud to capture the voice I've been familiar with for past 12 years; the voice heard through discman on the train in Japan with teenage angst, the voice blasted out at the backyard of the dorm at party in California, the voice played on car stereo on the road trip with my friends, or the voice soothed me in my apartment in Brooklyn with some solitude. Memories, Memories, Memories...

This is the new project whose theme is "Language and Music", which my buddy Shawn has been developing. Gruff was the third person for the interview after a couple of another famed musicians, but he was indeed a perfect fit, especially given that he's heavily rooted in Welsh culture and language. 

More details for the project to be announced soon with the trailer of what we shot, but it will definitely be a note-worthy project! Language and Music, and communication induced by them, has been a key theme for myself as well, so I am excited to be involved.

Next day we went to BAM to see his first feature documentary Gruff directed: "Seperado!" 
Synopsis here.

It's an amazing combination of my favorite stuff: Music Driven, Road Movie, with Psychedelic Visual Effect and Witty Jokes.

Too bad it's one-time premier screening in New York, but if it gets distributed eventually, and if you're interested in above theme, go see it!



親友ショーンのプロジェクトの取材で10代の頃から大好きだったスーパーファーリーアニマルズ(以下ファーリーズ)のフロントマン、グリフ・リースにインタビュー。普段有名人と仕事をしても(そういう意味での)緊張する事はあまりないんだけど、昔から個人的な憧れが強い人だったのでさすがに変なテンションがあがってしまいました。(笑)

インタビューの内容は「Language and Music(言語と音楽)」についてで、詳細はまだ明かせませんが大ざっぱに言うと様々なミュージシャンに音楽がどのように言語的(コミュニケーション的)役割を果たすかをインタビューする一大プロジェクト。今回インタビューしたグリフ・リースは3人目。このプロジェクトにはこれからもどんどん関わっていく(はず)です!

ウェールズ出身/在住であるファーリーズ及びグリフはウェールズの文化、言語に対しての愛着心が強い事でも有名で、全編ウェールズ語歌詞で構成されたアルバムも発表しています。ウェールズなまりがちょっと強かったので100パーセントは聞き取れなかったけど・・・。

*ちなみにイギリスの名プロデューサー、アラン・マッギーが初めてファーリーズのライブをみた時にすぐ契約に至ったが「英語で歌えばもっと売れる」とアドバイスした所グリフが「英語で歌ってんだけど」と切り返した逸話もあり。笑。

性格は温厚で理知的でマイペースで、想像していたとおりの人でなんか嬉しかったです。
その後みんなで飯を食いに行き、ファン丸出しにならないように気をつけつつ色々雑談。クルーはアメリカ人/ブラジル人/日本人(自分)とウェールズ人のグリフでそれぞれの国の話やバックグランドもきけてシュールな一日でした。

長時間/重労働のこの仕事をしてると、割にあわないな~とか、しんどいな~とか思う事も多々あるけど、こういう事があるとやってて本当によかった!と、報われた気持ちで一ぱいです。

翌日はグリフの初監督したドキュメンタリー映画「Separado!」のニューヨーク初上映を観に、BAMへ。たまたま劇場入り口で会うと、「KenjI!」と笑顔で握手。名前覚えてくれてる!(ファン丸出し)

内容はというとウェールズ在住グリフが子供の時にテレビでみて好きになったミュージシャンのレネ・グリフィスがアルゼンチン在住の自分の親戚である事を知り、レネを探しにアルゼンチンのパタゴニア地方に珍道中の旅をする話。

テーマとして「自分のルーツ」や「言語」「音楽」の要素がふんだんに出てきて、かといってかなりおふざけの要素もあり、グリフらしいパワフルな作品でした。それにしてもしばらく旅をしていない・・・。

****************************************
ちょっと話しはそれるけど数日後、敬愛するヴェルナー・ヘルツォーク監督の「Cave of Forgotten Dreams」を観たんだけど、これも素晴らしかった。フランスのショーヴェ洞窟を扱ったドキュメンタリー映画で、そこで発見された3万年以上前の壁画についての解説と考察。

気が遠くなるような過去やご先祖様にさかのぼるロマンと哀愁がはんぱない。自分の中にある何かを表現したい、しなければならない、そして自分の外にあるものとコネクトしたい、という人間の欲求は言語の存在し得ない原始の時代からあったのねえと。そしてそこには当然音もあった。

そして終盤に出てくる「追伸」は現地近くの原発に絡んだちょっとギョッとするくだりで中々タイムリーでした。これは日本でも上映されたらぜひ観てください。3Dで!!

次日本に帰る時はぜひ父親の実家のある鹿児島に行こうと思ってます。もう20年くらい行ってないのかなあ。


Wednesday, June 15, 2011

I AM

1ヶ月以上前に制作したモーショングラフィックの映像、"I AM" がリリースレーベルよりウェブサイトでオフィシャルミュージッククリップとして発表されました

何かに傷ついたり疲れたりした人がちょっと空いた時間に眺めて、少しでも気持ちを軽くしてくれれば嬉しい限りです。


こちらにも掲載されています。




The music clip I made for "I AM" from BNS Sessions compilation album, is published on their website.

Supplementing to what's on the website... this was initially inspired by the earthquake in Japan. After participating and attending several series of charity events as volunteer, there are something that was still stuck in my heart. It felt like a scar attacked by invisible enemies.

I couldn't resist creating something of my own, not knowing which direction it'd take. 
When I showed my rough cut, my friend Tomo has suggested me to send it Yell Art, whose agenda matched with what I was doing then.

After series of trials and errors, I've completed the piece and showed it to Shawn, the president of BNS Sessions, and RamKirin, one of the composer/vocal of the track "I AM",
and they applauded me saying this is exactly what they envisioned upon making of the track. 

So here it is, the visual I made without knowing its goal, using motion graphic all on my own for the first time. Hope you take a breath to enjoy, and feel a moment of compassion to those who are lost and suffering.










Sunday, June 12, 2011

Ari Why's "Cyborgata" Music Video Shoot

It's been a couple of weeks since we shot the music video of "Cyborgata", the last track of Ari Why's new album "Proof of Giants" (by BNS Records). 

This is my new directing piece since "Brain Bug" (short film), and I was so pumped to make this happen, and make it real good! It took me a while from writing story to location scouting to casting to organizing crew... in between jobs.

And BIG THANKS to talented & dedicated crew on set, the footage looks amazing. Now on to the editing - which will be another process, and should be able to release the complete piece in July. 

もう2週間経ちますが・・・。ニューヨークのトラックメイカーAri Whyのミュージックビデオの撮影が無事終了しました。久しぶりのディレクター作品。構成からロケハンからキャスティングまではりきって!

前述の仕事の撮影も含め、同時進行の他のプロジェクトの合間をぬいながらで大変でしたが、色んな所からいいエネルギーとインスピレーションをもらった気がします。

超低予算だけど、できるだけクオリティの高いものにしたいという我がままプロデューサー&ディレクター(オレです!)のもと、新旧知のプロフェッショナルなスタッフ/クルーのご協力のおかげで、いい作品ができあがりそうです。というかそうしなきゃね。
あとは編集!信頼できる方にお願いができ、一安心。だけど最後まで手を抜かずがんばります!

The photo is taken by Chiaki Matsumoto, who worked as Production Manager of the project.
以下写真はプロダクション・マネージャーとして色々動いてくれた松本ちあきさんより。



Location is a park in NYC. It needed "forest" look, not too far from where we live. 
I believe this is the best we could get! Also the perfect time of the year with greens.
ロケーションはマンハッタンのとある公園。2ヶ月ほど前からロケハンし、
やっと緑が全開。ちょうどいい広場が見つかってよかった!


My man Jun deciding the shot. Very smooth and reliable DP. 4 Stars (out of 4)!
アングルを決めているカメラマンのジュン君
才能あふれる彼のおかげで撮影はスムースかつ素敵な物が撮れました!


Special Effect Make-Up by Hiroe
Creating a cyborg at low-cost is not an easy thing to do...
特殊メイクはヒロエちゃん。低予算の中でどうサイボーグを作り出すか・・・。


Hair & Make-Up for Beauty by Tsuyoshi. He was attached 2 days before the shoot, 
but solid and great at taking directions. 
ビューティー・メイクはツヨシ君。撮影2日前に決定。
打ち合わせの時間もほとんどない中、よくやってくれました!


Butts of professionals.
プロフェッショナルのお尻。



Cast is ex-professional dancer Ana and a dance professor Diogo, immense talents from Brazil.
キャストは元プロバレエダンサーのブラジル人AnaDiogo
こちらもリハーサルから振り付けまで一生懸命答えてくれました。



Serious crew and cast...blessing. 
真剣なクルー&キャスト。それぞれに忙しい手を貸してくれた
Jaime, ヨウスケ、シュン君も含め、本当に皆さん感謝です。


A serious tree. Wonder what's inside of it?
崩れかかった木の祠の中には・・・本編を待て!


Ari Why and Me
Ari Whyとのツーショット。

Yosuke, Assistant Camera for this, shot bunch of awesome pictures too- so sharing some of them.
カメラアシスタントとして入ってくれたヨウスケ君も素敵な写真を撮ってくれていたので
これも一部ご紹介!






Thursday, June 9, 2011

Dream Up!

久しぶりのオンエア告知です。色んな仕事やら自分のプロジェクトやらでばたばたする中すっかり書き忘れてしまいました・・・。


Dream Up!
TBS系列 毎週日曜よる10:54放送


番組の内容はというと・・・


“世界で挑戦する日本人”そして“日本人は知らないが世界で誰もが認めるMADE IN JAPAN”を取材・紹介していくミニ・ドキュメンタリー番組です。
今回は月をまたいでNYで活躍する日本人を5人紹介。7月要チェックです!





5/15 「バレエダンサー 加治屋百合子さん」
5/22 「グラフィックアーティスト ケンゾー・ミナミさん」
5/29 「ウエディングドレスデザイナー 吉岡順子さん」




7/10 「スタンドアップコメディアン・小池良介さん」
7/17 「プロドラマー・菅野知明さん」


今回は事前リサーチから取材交渉、撮影のマネージメントにいたるまで関わらせていただきました!(取材相手が日本人だったのでいつもと違いほぼ通訳いらず)
日本との時間差もありまだオンエア作品が観れていないのですが、興味深い番組になっているかと思います。


長年住んでいるニューヨーク、常に刺激やインスパイアするものは溢れていますが、こうして同じ日本人として活躍されている方々と接すると、自分ももっともっとがんばらなきゃ!という気持ちにさせてくれますね。






A short Japanese TV program I've worked on as a Production Manager/ Researcher will be on the air soon! (well, has been on the air last month... haven't updated blog so long). 


It's an inspiring short documentary about talented Japanese from different industry. 
Check it out if you can!


Program: Dream Up!
Broadcast: TBS
Time 10:54 PM ~ 


5/15 Yuriko Kajiya (ABT Ballet Dancer)
5/22 Kenzo Minami (Graphic Artist)
5/29 Junko Yoshioka (Wedding Dress Designer)
7/10 Rio Koike (Stand-up Comedian)
7/17 Tomoaki Kanno (Session Drummer)