Sunday, December 30, 2012

I ♥ JP

ご無沙汰です。12月の2週間ちょい、日本に帰っていました。
今回は去年と違い、面倒ごとのない、幼馴染の結婚式&ついでにバケーション。
胸を張っての一時帰国、幸せこの上なし。

Came back from Tokyo, after staying with my family and friends for a couple of weeks.
This time had nothing to do with visa renewal or any of hassles, it was mainly for my childhood friend's wedding.

2012年は仕事がずっと続き(非常にありがたい事ですが)夏休みや休暇が一度もとれなかったため、このタイミングを逃したらいつ休めるかもわからないし。南米にでも行きたいなあとかぼんやり考えていた矢先(「夏休み」だけに!)、数少ない幼馴染(クサレ縁?)と言える友人が晴れて結婚するという事で、もう行くしかないべよと(急に地元弁)。
 I hadn't had any vacation in 2012 (well, I'd be thankful as a freelancer), so it was just so necessary to change the scenery. My first option for the vacation was South America (as it'd be "summer vacation"), but who could reject the best friend's invite for wedding? I could go anywhere anytime, but not someone's wedding.
And he's one of few friends from teenage I'm still in touch with.

そのついでに色んなところに行き、人生の様々な地点で楽しい時を過ごした旧友たち、お世話になった人々に会い、色んなものを食べ、家族とも過ごし・・・。今回はあまり詰め込み過ぎにならないよう、ごく少数の限られた人にしか帰国を伝えませんでした。やはり人間たまにリフレッシュと休息が必要。NYに長くいると毒素がたまるしね。
忙しい中、休暇を許してくれたプロジェクトの仲間にも感謝、感謝です。
Also met with many people who I had befriended and worked with at various point of my life, ate lots and lots, spent time with my family...(my cute nieces included)



日本到着翌日、そして結婚式前日、大学時代の友人Jがイベントのオーガナイズに関わっているという事で行ってきた日本橋XEXでのファンクイベントに参加。

大学時代の友人たちと近況話しに花を咲かせつつもライブを観て、深夜2時過ぎに出ると駅が完全に閉まっておりコインロッカーに突っ込んできた式用のスーツが出せないというハプニング。翌日早起きしてスーツを取りにまた銀座に行き、三越のトイレで着替えるというはこび。せっかく立派な大人になった気分が台無し(笑)・・・。情けなし。

The night before the wedding, the day after my arrival to Tokyo, I went to the club for the live funk event which my friend organized. 

I'd stored my slick suits in the temporary storage (it's called "coin locker" which you can find in any stations).
Every time I go back to Japan I'm reminded how convenient getting around in Japan is, but what I forgot was the train/station closes down completely late at night.

Stranded in my own country and couldn't get the suits out of the locker room.  I stayed at my friend's and early next morning, went back to the station to pick them up, and changed myself in the bathroom of a department store. How pathetic.



今回の一時帰国、メインイベントの結婚式は幕張のホテルで。日本で、友人の結婚式というのは初めてだったので作法に少し戸惑ったけど、NYからわざわざ来たのでオールOK!(って事にしてくれ!)

奥さんもとても性格のよさそうな方で、なんかしみじみとしました。本当に心からお幸せにと。式に同じ小学校(そして同じ団地!)から招待されたのはオレともう一人の親友Tだけで(こいつはスピーチも担当)、それに感謝しつつ一生の付き合いがある友達って素晴らしいなあと思ったよ。社会人になると仕事仲間こそ増えれど、腹を割ってしょーもない事しゃべったりするのはどうしても難しくなるから。

Wedding was in Makuhari, a beautiful coastal city far from Tokyo. There's several tradition I'd had to follow- and I crammed it the day before. Am I too Americanized?
Hope I got by, I better be, I flew all the way from NY spending 14 hours (and some bucks). Anyway, it's a wonderful thing to have a friend like this, worth that trip. 


そんな幸せなカップルを祝いつつ、気ままな束の間の休暇を楽しむ自分は、ほどほど(?)に夜遊びも・・・笑。
開店の知らせを聞いて以来、一度行ってみたかった、ロボットレストラン!

「総工費100億円」の真偽のほどとコンビニ弁当のような食事は置いといて、入った瞬間にプチ度肝を抜かれる内装、かなりスケールの大きなロボットが練り歩く異様な空間は、やはり特筆に値すべく・・・。可愛くもワイルドなガールズたちのパフォーマンスも上々でした。一度は行くべし。

After that's done, days are for my own fun time- visited "Robot Restaurant" I really wanted to go since it's opened at the beginning of this year. 

The food wasn't served by robots as I expected, but Japanese taiko performance and the barlesque-like dance was fair enough. Robots were strangely but awesomely real deal. Here are some photos:





そして大学時代の友人Hに誘われ、最後の最後に幕張メッセで行われたWOMB ADVENTUREにも行ってきた!
この短い滞在でまさか幕張に二回も行く事になるとは・・・。

夜11時ごろ到着、トリのリッチー・ホウティンが終わる朝6時過ぎまでみんなでしこたま踊りまくりました。
まだまだ若いぜ!(と自分で言ってしまうところに少し年を感じつつ、w)日本のイベントは比較的健全できれいだなーと感じました。それと、音響/照明の技術がすばらしい!やはり職人さんの優れた国だなあと。

それにしても、色々こういうイベントとか、クラブの規制ってどんどん厳しくなってるらしいっすね。
人生を楽しもうとする事には何の罪も無いのに。音楽を、そして夜通し踊る事を厳しい日々の生活や重労働の中でよりどころにしてきた人はどうすりゃいいんでしょうかね。ミニスカートの10代前半の少女アイドル達を汗だくで応援する方が健全なのかね?

それにしてもLoco Diceが良かった。

The day after the Robot Restaurant was spent in Makuhari (again!), the event called Womb Adventure, annual rave party hosted by Womb, in a huge stadium.

Arrived around 11PM, when there's hardly any train back to Tokyo until next morning, soon found myself surrounded by fast yet steady beats that my pulse almost immediately accustomed to, and the shower of lights that struck my head and soon absorbed in my body.

We saw and felt of boasting numbers of the greatest DJs (now I'm looking at their website to remind myself...): Dubfire, Nina Kraviz, Loco Dice, Daddy G (of Massive Attack), Shinichi Osawa, Darren Emerson (of ex.Underworld), and Richie Hawtin.

光に包まれてまったく見えないがNina Kraviz嬢


Daddy Gだったか大沢伸一だったか・・・写真からの判別不明


王様Richie Hawtin!


あと日本帰国のたびに欠かせない重要なポイント、食、食、食。特に冬の日本の食はハンパなくうまいっす。
忘年会シーズンも重なって鍋を3晩連続で食べるという贅沢な日々・・・。
And of course, food being the essential part of my visit. Japanese food is especially good in winter times.

鍋用
Japanese hot pot


安くてもうまいのが素晴らしい。
Tempura Soba

幼少時からのフェイバリット。気持ち悪いとか言うな。
Squid and his gut. Hope not grossing you out.

素晴らしいぜ、ニッポン!!
I Will Miss You, Japan!!



その他の一コマ
Other Snaps
Watched a play produced by people I know in Asakusa


リニューアル東京駅
Newly renovated Tokyo Station


代々木で偶然通りかかったお祭り
Ran into some food festival in Yoyogi


国立新美術館
The National Art Center


フジテレビ
Fuji TV